スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適度な汚部屋

 職場の部屋があまり綺麗ではない。
自宅はそこそこ散らかさないのだが、
仕事の時は手に届く範囲に物があるほうがはかどるので、
本棚に本は戻さず、机に積み上げる。

 レポート等も机に山のように積み上げている。
(本人的には、チェック未・済と区別が付けているが他人には分からない)


 来る人来る人、
「この部屋、ちょうどいい散らかり具合で落ち着くわー!!」
と言って和んでいく。

 この前は
「片付けてあげましょうか?」と男の子に言われてしまった・・・。


 ○時間、しゃべって帰っていく人、
 床に座り込んで電話をかけ出す人、
 「じゃ、またいつか会いましょう」と言って去っていったハズが夕方にはもう戻ってくる人

 その他色々・・
 (猛烈に忙しい締め切りに追われている時以外は、なるべく話を聞くことにしている。
 雑談は嫌いじゃない。人間らしくて好き。)

 
 ものすごい癒しの空間になっている気がする・・・。



 
 
 「適度な汚部屋セラピー」とでも言う、新たな癒しを開拓しようかとふと頭によぎった。
 

 人間、他人の空間が綺麗すぎても潔癖症以外は結局落ち着かない気がする。
理由は「汚してはいけない」という気持が働き、緊張状態に入ってしまうから。

 逆に汚すぎても、嫌なもので、

 やっぱり 

 小汚いぐらいが落ち着く所なのかもしれない。
 


 やっぱり自分には「人間はほどほどがちょうど良い。」のポリシーで良いのだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ぷんすか妻
理系博士である夫(研究者)の行動がちょっと変っているので、行動を観察日記にしてみることにしました。

妻:兼業主婦
【趣味】食べる事,温泉,料理
【性格】ひきこもり
【座右の銘】何事もほどほどがちょうどよい

※個人的な趣味で書いている為、本ブログの責任は一切負いません。

参加してます
クリックお願いします♪
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。