スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系なのに。。。

 理系の夫の能力は

生活に活かされることが全くない。




 例えば、


・スーパーで買い物袋に物を詰めるとき、

なぜか潰れる、卵や苺やトマトを一番下に入れる。


・卵や苺やトマトの入った袋をあちこちにぶつける。



⇒物理が役に立っていない。



・料理が全くできない。
作れるものは、カップラーメン。

⇒化学が役に立っていない。

・火力はいつも全開、元気いっぱいの強火。

⇒物理と化学(かな?)全く役に立っていない。

・レトルトカレーを袋から、お皿に移す時こぼして中身がお皿に着地しない。

⇒物理が全く役に立ってない。


などなど。




 毎回、靴紐がほどける夫を長年不思議に思っていたが、

昨日謎が解けた。


 蝶々結びが苦手なようだ。。。


 全く気付かなかった。







 知識があると生きていくのに便利そうだが、
必ずしも、実生活に反映できるものでもないのだなぁ、
と夫をみてつくづく思う。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ぷんすか妻
理系博士である夫(研究者)の行動がちょっと変っているので、行動を観察日記にしてみることにしました。

妻:兼業主婦
【趣味】食べる事,温泉,料理
【性格】ひきこもり
【座右の銘】何事もほどほどがちょうどよい

※個人的な趣味で書いている為、本ブログの責任は一切負いません。

参加してます
クリックお願いします♪
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。