スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫が英語が話せるワケ

 夫はジャパニーズイングリッシュだが、きちんと外国人に通じる英語を話す。
最近になって、夫が話せる理由がわかった。

夫の上司(教授)が元外資系企業出身で、ペラペラだったからだ。
学会発表の練習の時も厳しかったようだ。
マンツーマンで罵倒されながらの練習で胃に穴が開きそうになりながら恐怖で上達したらしい。

夫の上司は海外の学会に行くと
企業のブースに頻繁に足を運び、自分の研究を売り込む。(←もちろん英語)
そこまで英語が堪能な方だったようだ。
本人曰く、昔の英語だそうだ。それでもすごいと思う。


 妻が英語があまり通じない理由が判明した。
問題は滑舌の悪さだった。
夫婦間での会話(もちろん日本語)でも夫が聞き取れないほど
の滑舌の悪さだった。

 

p.s. 海外旅行中ビックリしたのは、夫が外国の旅人に地下鉄の乗り方を英語で教えていたことだった。
  住んでないのに、何故わかる・・・?
  方向音痴の妻には夫が不思議でたまらない。


  夫に足りない物は、生活力(特に衛生面)ぐらいだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぷんすか妻

Author:ぷんすか妻
理系博士である夫(研究者)の行動がちょっと変っているので、行動を観察日記にしてみることにしました。

妻:兼業主婦
【趣味】食べる事,温泉,料理
【性格】ひきこもり
【座右の銘】何事もほどほどがちょうどよい

※個人的な趣味で書いている為、本ブログの責任は一切負いません。

参加してます
クリックお願いします♪
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。